リバティプリントに関する情報が満載!

リバティプリントを楽しむ

ひとつひとつに名前が付いている?

ひとつひとつに名前が付いている?

花柄といえばリバティプリントという位、もはや花柄の代名詞となったリバティプリント。
女性なら一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
そもそもリバティプリントとは1920年代に人気を博したイギリスのリバティ百貨店がオリジナルデザインとして花柄を中心にペイズリー柄や植物などのアールヌーボー柄などを彩り豊かにデザインした生地です。
元々は日本の伝統織物からインスピレーションを得たともいわれており、日本人にも大変なじみやすい配色や柄も特徴です。
代表的な生地としてタナローン生地があります。
そのシルクと見まごう程の光沢や肌触りの良さも人気の理由です。
そしてなんといってもリバティプリントには一つ一つの柄にに名前が付いているのが特徴です。
色とりどりの花をちりばめたミッシェルや植物標本画集からとった繊細な柄のフローラル・イヴ、大胆な大輪の花が目を引くアンジェリカ・ガーラなど、聞いただけで心が浮き立つようなネーミングがずらりと並び、生地自体が一つの芸術作品のようになっています。

桜の柄のリバティプリントで小物作り

桜の柄のリバティプリントで小物作り

色鮮やかなリバティプリント、エキゾチックな柄もいいですが桜の柄のリバティプリントなら和風のテイストが春のワクワクするイメージにぴったりで、季節感を大切にしている人におすすめです。
リバティプリントの小花柄が活きる小物づくりにチャレンジしてみましょう。
化粧品や小物をいれるポーチはマストアイテムですが、チャックの部分が難しそうだと二の足を踏んでいませんか。
そんな方には巾着がおすすめです。
慣れてきたら底の部分にマチを付けたり、他の布と合わせて作るなど変化も楽しめます。
お弁当用くらいまでなら手縫いでも十分縫うことができます。
他におすすめなのは、香り袋です。
できれば和の香りをしみ込ませた綿をくるんでひもで止めるだけです。
引き出しに忍ばせておくと、開けるたびにいい香りがして和みます。
リバティプリントのコースターも、四角や丸など形に縫うだけですが、ペットボトルやマグカップの置き場所に「水滴防止」にもなる優れものです。
小物作りはお気に入りの一点ものを手に入れるということです。
一年中同じアイテムと使うのに飽きた方はぜひ小物作りにチャレンジしてみてください。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>