リバティプリントに関する情報が満載!

リバティプリントを楽しむ

春夏のリバティプリント!

春夏のリバティプリント

リバティプリントの歴史は、ロンドンにある老舗百貨店にあります。
1875年に実業家アーサー・リバティ氏が、東洋の装飾品や美術品などを扱う小さなお店をオープンしたのが始まりです。
その後東洋のオリエンタルな製品を独自のセンスで仕入れながら、オリジナル商品を多数制作、販売しながら事業を拡大しました。
リバティプリントは、その中で最も有名な商品です。
具体的な特徴は、花柄や植物やペーズリーなどがモチーフの模様を生地に描き、モノトーンから多彩な色彩のハーモニーまで幅広い表現を可能にします。
ブラウスやワンピースなどに利用するだけでなく、クッションやカーテン、コースターなどのインテリアにも使用する事が出来ます。
リバティプリントがプリントされるのは、春夏の爽やかな陽気にぴったりの生地である、繊細な糸で編まれたコットン生地であるタナローン生地やコーデュロイ生地などが使用されます。
一度袖を通すと、その繊細な着心地から何度もリバティプリントの商品を愛用したくなります。裁縫が得意でない方にも是非お薦めします。

秋冬にぴったりのリバティプリント!

秋冬にぴったりのリバティプリント!

リバティプリントとは、布全体に小花柄を散りばめた布地のことで、ロンドンにあるリバティ社オリジナルのプリント生地です。
リバティプリントの秋冬柄は独特の色使いで個性的なものが多く、ファッションのアクセントにぴったりな柄が揃います。
寒い季節に定番の重ね着として、インにもアウトにも使用できコーディネートの幅が広がります。
定番のクレアオード柄は落ち着いた色での登場が多いので、秋冬らしいしっとりとしたスタイルが完成します。
シャツやワンピースも合わせやすく、女性らしさをアップさせてくれます。
グリーンの中に小花が揺れている雰囲気のものは、暗くなりがちな秋冬ファッションを明るく彩ってくれます。
リバティ独特の個性的な花柄は、いつものあなたをより引き立ててくれますね。王道のクラシックな花柄は着回し力抜群なので、ぜひ持っていたい一枚です。
リバティプリントは繊細な色使いが魅力なので、気分が上がるお気に入りの色を見つけてコーディネートを楽しみましょう。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>