リバティプリントに関する情報が満載!

リバティプリントを楽しむ

リバティプリントのデザイナーとは?

リバティプリントのデザイナーとは?

リバティは、リバティとしてのブランドスタイルを重視していた為、ほとんどの例外を除いては、デザイナーの名前は、公表しませんでした。
その中でも、1899年に「アール・ヌーヴォー調」のファブリックをデザインしたアーチボールド・ノックスは、組みひも模様やケルト美術を取り入れた特徴のあるリバティプリント作品を多く生み出しました。
彼は、イギリスのアール・ヌーヴォー調のリバティプリントの発展に多大なる貢献をしました。
1917年には、新店舗を見る事なくリバティ創設者のアーサー・リバティは、その生涯を閉じました。
しかし、リバティプリントとしての伝統は受け継がれ、1920年になると現在でもリバティを代表する「タナローン」が作られるようになります。
1932年になると、会社を一新すると共に、リバティのデザイナーとしてクチュリエであるポール・ポワレが招かれます。
1960年代の「ロータス・コレクション」を経て、現在でも、リバティは、独創的で創造的なデザイナーの元、新たなリバティプリントを生み出し続けています。

2016年流行りのリバティプリントの柄とは?

2016年流行りのリバティプリントの柄とは?

リバティプリントの最新作、2016年春夏のリバティプリントのテーマは「ザ・アーティスト」。
美術作品よりインスパイアされたそのデザインは、斬新でモダン、シュールでシャープな中にもかわいらしさを感じる、大変素敵な柄がたくさん揃っています。
例えば花柄は、従来のものに比べ、大胆でビビッドな色使いになっていて、どれも夏をカラフルに彩ってくれそうなデザインばかりです。
また、まるで抽象画のような、大変美しい柄もあります。
特におすすめなのが、「マーブル・ハーツ」という柄で、白地に小さなマーブル模様をあしらった、とてもかわいい模様なのですが、ハートのひとつひとつがとても凝った、マーブル模様になっていて、かわいらしい面とアーティスティックな面が両立している、とてもハイセンスな柄です。
従来の伝統的な花柄も素敵ですが、この夏ちょっと冒険したい方におすすめします。
お友達が「それ、本当にリバティプリント?」、と驚くこと間違いなしの、最先端のリバティプリント。
誰よりも早く身に着けて、流行の最先端を颯爽と楽しみたいですね。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>