リバティプリントに関する情報が満載!

リバティプリントを楽しむ

リバティプリントの歴史

リバティプリントの歴史

現在 リバティプリントはリバティ社製のデザインの総称を指しますが、その歴史の始まりは、アーサー・ラセンビィ・リバティが万博で日本や東洋の装飾品や美術品を目にし、心を打たれ、1875年にそれらを販売するリバティ商会という小さなお店をオープンさせたところから始まります。
その後、東洋だけでなく世界各国のアイテムを販売するようになっていき、リバティ百貨店へと成長していきます。
そのうちに東洋風のファブリックの自社生産を試み既製のものに無地染めやプリントを施すことを始め、このころが「リバティプリント」としての歴史の始まりと言えます。
やがて1920年ごろ細かい花模様の上質な綿ローンであるタナローンが、リバティプリントとして知られるようになり、その人気から1939年にリバティ・オブ・ロンドン・プリンツという卸売会社が設立されます。
日本では1978年にリバティ布地が販売されはじめ、1988年にリバティジャパンが設立されます。
エターナルコレクションと呼ばれる日本で人気のある柄を集めたコレクションがあるほど、日本でリバティプリントは定着しており、最近は特に様々なブランドとコラボレーションしていることで、今までリバティを知らなかった層にも名前が知られてきています。

リバティプリントが誕生したのはいつ?

リバティプリントが誕生したのはいつ?

リバティプリントはイギリス・リバティ社の保持するプリントデザインのことです。
薄手のコットン生地にカラフルな色使いの小花柄をプリントしたものが代表的です。
リバティ社を創業したのはイギリス人のリバティ氏です。
リバティ氏は1848年、服地商の息子としてイギリス、バッキンガムシャー州に生まれました。
芸術に関心が高かったのですが、家庭に経済的余裕がなく、若い時から叔父が営むレース店で働き始めました。
16歳でロンドンに出て、ワイン店や服地店で見習いをします。
1862年、ロンドンで万国博覧会が開かれ、リバティ氏は日本など東洋の美術品の興味を持ちました。
1875年、リバティ氏はリバティ百貨店の前身である「リバティ商会」をオープンします。
リバティ商会では、東洋のファブリックや装飾品を扱うお店をスタートさせました。
1885年頃からイギリスで東洋風ファブリックの生産を始めました。
この頃、リバティプリントは誕生しています。
リバティ社は東洋風な小花柄が有名ですが、トルコのペイズリー、モザイク柄、インドのレースなど様々な柄があります。
東洋の柄に西洋の解釈を織り交ぜて作られています。
色合いは淡い色が多く、自然の風景から影響を受けています。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>